スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぎゃあぁぁぁーーー!!!Σ(゚Д゚;

外付けハードディスクが壊れたーーーー!!!!1!!くぁwせdrftgyふじこlp!!
壊れたつか、アクセス不能になったのですが(USBは反応する)メーカーのサイト見たら元々不具合の有る機種だったらしく…。
『不具合があることが判明したので急いで対策アップデートしてね』って、遅ぇよ!
メーカーのサイトにだけ載せられたって不具合の有る無しなんて気付かんわ!
CMなりなんなりしてくれよorz

ちなみにアップデートする前に不具合が出てしまった場合にはアップデートした後フォーマットするしかないらしい…つまりデータ全消去(泣)
「どうしてもデータを残して復旧したい場合にはメーカーへ」とあるけど、正直無料でも(有料なら尚更)個人情報満載のデータが多数だから他人に預けたくないし…。
犬の保険申込書の控えのデータや、何より都への難病認定の書類のコピーデータがあるんだ(汗)
これ以上の個人情報があるかーーー!

かと言ってデータの復旧ソフトで行けそうなのは有償の1万円近くの奴だけだし。
……フォーマットしました・゚・(つД`)・゚・。

幸い、殆どのデータがPCがイカレた時用のバックアップ用だったのでPC内のハードディスクに殆ど同じデータがあったのと(バックアップ用のクセに先に壊れんなよ…)何の予感か、夏頃に一部のデータをDVD-Rにも焼いてたので諦めがつきました。
それでも無くなったデータいくつかありますが………orz


>ひよこさん

腫瘍が良性でなによりです!!
私も胆嚢の影は大した事なさそうで、お互いホッとしましたね♪

>あらゆる治療に抵抗性のものは肝移植の適応となるようです

痒みさえも適応の一つなんですね。結構意外かも!
炎症は納得です!…が炎症している間は移植不可なんですよね。
「炎症は繰り返してるけど炎症は治まっているうち」じゃないと移植できないと言うのはなかなか言葉にするとシュールな気がしますな(そういう問題では無いですが)

>余命12年の話が出ていますが、本の中では診断から5~17年となっていて、間を取って12年です。

かなり幅が広いんですね!12年と言うのは本当に『平均』なんだなぁ…。
こうなるとホントに予測は難しいですね。
「画像診断の発達~」のくだりは移植を聞きに行った病院でも話があった記憶があります。
医者から直接もらった情報さえ余命は幅が広すぎる、しかもここ数年の医学の進歩はあまりデータに反映されてない、となるとひよこさんが見つけられた胆道ガンに関して書かれた医学書が余計気になりますですよ!でも確かに高い(笑)
図書館にリクエストしたら入れてくれないかなぁ(^◇^;)

>胆嚢、取っちゃう感じですか?

みたいな感じです(笑…えない)
胆石を出してるような胆嚢はもう殆ど機能していないも同然なので取ってもあまり変わらないらしいですね。
その上壁が妙に厚く(エコーの影の正体)なってしまっているし、有るメリットがあまり無いので。
治験の絡みがあるのでいますぐ速攻で!と言うでもないですが近い内に…だそうです。
手術や入院は試練ですが、胆石が少しでも治まるならむしろありがたいかもです(´∀`;)

>みずのりさん

ご心配ありがとうございます!!
胆嚢の状態も気になりますが、やはり少しでも痒みが治まるなら治験もしたいし…でこの辺りの数日はもやもやしてましたが一先ずホッとしました。

移植の話、少しでもお役に立てたなら嬉しいです。
なんかアホみたいな事を書いてますが、当日のノリはホントにあんな感じでした(笑)


>kikiさん

移植の話、あんなんで伝わったでしょうか?(笑)
妙な間とかがホントにあんな感じで、正直「移植の事を聞かなきゃ!」より「この間と空気、どうすりゃいいんだよ!」な方が先立ってたような(´A`;)

>どこかのサイトに「5年~10年が一番多い」

ひよこさんがコメントに書いてくださった情報(5~17年)と照らし合わせると医学の進歩でちょっと伸びて来ていると言う事…?
それなら嬉しいのですが、実際は個人差の方がまだ大きそうな気もしますね。

>ips細胞から肝細胞を多数作り出すことを可能にした

おお!!キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!新しい情報キター!!!

移植術の進歩もありがたいですが、やはり移植以外の方法の可能性は嬉しいですね!
自身の肝細胞を増やせるなら術後もより安心だし。
kikiさんが書いてくださる最新の医学情報はいつもありがたいです♪
こちらこそいつもありがとうございます!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

IPS細胞から肝臓細胞のニュースを以下にコピペしておきます。
これで新薬がどんどん発見されると嬉しいですね。
以前にも話した肝硬変を治すすばらしい新薬の実用化もかなり早くなるかもですよ!!
以下ヤフーニュースより。

医薬基盤研究所(大阪府茨木市)とバイオベンチャー「リプロセル」(横浜市)は15日、ヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作成した肝臓細胞の製品化に成功したと発表した。12年春から販売する予定。心筋細胞と神経細胞はすでに商品化しているが、肝臓細胞は初めて。

 リプロセルなどによると、体内に入った薬物は大半が肝臓で分解される。そのため製薬会社は新薬を作る際、臓器移植用に取られた肝臓から作った肝臓細胞を使い、新薬の効果や毒性を調べている。しかし、肝臓細胞は高価で、供給が不安定な欠点があるという。

 今回作成した肝臓細胞は、ヒトiPS細胞を培養し、肝臓細胞に分化させる過程で入れる遺伝子のタイミングを工夫することで、効率良く作ることに成功、製品化が可能になった。500万~1000万個の細胞を20万~30万円で、製薬会社などに販売する予定という。【日野行介】
プロフィール

april004

Author:april004
現在は原発性硬化性胆管炎と就活とうつ気味な自分と戦う32歳、心は永遠の16歳乙女です。

写真は真知子巻きしている所を激写されました(笑)

最新記事
カテゴリ
カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


Twitter on FC2
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。